房総の祭事記 〜千葉の郷土芸能と民俗行事〜 ホーム
・水無月
水田の稲もすくすくと育ち、草と同じ高さになって来た
この季節は行われる祭事も極端に少ない
安房鴨川では白牛の置物を曽呂川で洗い清める行事が行われる
牛も家族と同じであり、家畜の無病息災を願う祈りが今も続けられている




 

■季節の風物詩 花菖蒲
六月 上旬
市原市柿木台1011 市原市民の森
花菖蒲(アヤメ・ハナショウブ)、杜若(カキツバタ)は五月中旬〜六月中旬が一番の見頃です。市民の森は四季を通じて楽しむことができます。

■季節の風物詩 大賀蓮
六月 中旬
鴨川市 古代大賀蓮の里、鋸南町 佐久間ダム
現在、大賀蓮は、日本をはじめ、西ドイツ、アメリカ、中国など各国で栽培され、紅色系の大型花をもつ観賞用ハスの一品種として知られている。

■季節の風物詩 ユリ
六月 中旬
鴨川市清澄 清澄ユリの里
過疎化が進む清澄と四方木地区の活性化を目的に、二〇一四年から「ユリの里づくり」に取り組んでいる。



■おらんだ楽隊(香取神宮御座船引船隊)
六月 あやめ祭り 9:00〜正面から園内一周 12:00〜正面からサッパ舟で水路一周半・船着場で下船し踊り・行進・正面でお囃子
香取市扇島1837-2 水郷佐原水生植物園
伝統ある、おらんだ楽隊を園内水路の船及び園内通路にて入園者の皆様にご披露いたします。

■佐原囃子
六月 あやめ祭り 10:30,13:30
香取市扇島1837-2 水郷佐原水生植物園
伝統ある、佐原囃子を園内水路に船にて入園者の皆様にご披露いたします。その際、お囃子に合わせて踊りも披露されます。

■シーフェスタ in Kamogawa(ふるさといきいきSeaFesta)※要確認
六月 第一土日 10:00-16:00
鴨川市 前原海岸 海浜遊歩道
展示・即売・各種出店・踊り・など

■雷神社 御太刀行事
六月 第一日曜日 9:00-15:00
成田市山口1205 雷神社
山口地区の代表者が、「御太刀」と呼ばれる木製の刀を担いで地区内の各戸を回るというもの。

■代の牛洗い行事
六月 第一日曜日 14:00-14:30
鴨川市代397 八雲神社 曽呂川
本殿に安置された木製の白塗りの牛(体長四四cm)を洗い清める

■山支・本郷の虫送り
六月 第二or第三 土曜日 16:30-研修センター集合 16:50-虫送り開始 18:00-矢部橋到着
山武市森534 本郷生活研修センター / ため池〜矢部橋
当日は主催の神楽連の軽トラックに藁束を積み、道中の十五ヶ所で藁を広げ燃やして終了。主催の集落によって最終点火地点が異なる。

■道庭の獅子舞
六月 第二or第三 日曜日 8:30-10:30
東金市道庭305 稲荷神社
道庭(どうにわ)の獅子舞は一旦途絶えましたが、約一〇年前頃復活し現在に至っています。

■八雲神社宵宮祭
六月一四日 17:00-集合 19:00-お囃子奉納-21:00
匝瑳市西宿 八雲神社 / 旧野栄町
祭囃子保存会「八雲睦」による下座の奉納、囃子(楽曲二〇)を奉納する。徒歩下座で渡御する、神輿は無い。

■南房総捕鯨伝承施設〜和田浦鯨体処理場〜
六月二〇日 二六頭捕獲まで
南房総市和田町和田 和田漁港
昔は捕鯨基地が県内には内房の鋸南町勝山にもあった、今では残されているのは和田漁港のみである。

■玉前神社 玉之浦海岸禊行
六月 吉日 11:30-12:30
長生郡一宮町一宮3048 玉前神社・玉之浦(釣ヶ崎海岸)
水無月の夏越の祓いをする人は千歳の命延ぶというなり

■武射神社 夏越の神事
六月 最終日曜日 9:00-花火 10:00-拝殿神事 12:00-終了
東金市上下武射田9 武射神社
田植えが終わり季節の交替にあって、邪神をはらい災を除き五穀豊穣を祈る年中行事のひとつです。

■浅間さまの七つ子参り
六月二九・三〇日 17:00-お囃子 18:30-お囃子
夷隅郡御宿町新町56 浅間神社(浅間山山頂) / 御宿海岸の波うち際でお祓い → 浅間神社へ…
東上総地方に古くから伝わる行事で、その中の一つに“潮踏み”とよばれるものがあります。

■夏越の大祓 茅の輪くぐり
六月三〇日 15:00 / 1,10,15,20,25日 には 7:00-13:00 まで玉前神社朝市を開催
長生郡一宮町一宮 玉前神社
境内に日本最大の直径三メートルもの大きな茅の輪を作り、その輪を通ることによって罪穢れを除き心身の清浄を祈ます。

■夏越の大祓 茅の輪くぐり
六月三〇日 17:00
野田市桜台 櫻木神社
昔、夏によく流行した疫病を避け、お正月からの半年間、知らずのうちに身に付いたけがれを祓って夏を元気に過ごそうという神事です。

■夏越の大祓 茅の輪くぐり
六月三〇日 18:00
市川市八幡4-2-1 葛飾八幡宮
宮司による大祓詞奏上、お祓いなどの後、社前に設けられた約二mの茅の輪を三度くぐり、心身の罪・けがれ・災いをぬぐい清めます。

■塩浦の浅間参り(はだし詣で)※大祭“おおまち”は平成三二年(二〇二〇)/五年毎
六月三〇日 14:00-社務所発・海岸で式典・法螺貝を吹き山開き登山 14:45-各々が参拝開始
南房総市白浜町塩浦 浅間神社
浅間講(富士山信仰)のお祭り、元来この日が富士の山開きだった。裸足(白足袋)で浜へ行き祭典が行われます。


■情報提供をお願いします
現在でも民俗行事を行っていると言う、地域情報をお持ちの方は掲示板などへご投稿願います。
ムラ(集落単位)で行われる行事は観光行事や社寺の祭事とは異なり、情報が一般には中々公開されません。
いつ頃(開催日時)、どこで行うか等の詳細な民俗行事の情報をお寄せ下さい。民俗行事は情報収集が難しいです…。
その他にも昔から行われている行事の情報があれば教えてください。




Since 2008/02/05
ALL RIGHTS RESERVED COPYRIGHTS (C) Web Design & Photographed by.房総の祭事記