房総の祭事記 〜千葉の郷土芸能と民俗行事〜 ホーム
・霜月
房総の紅葉も少しずつ色付き始める
多古町では稲藁の大蛇が酔っ払いの手により当番宅から担ぎ鎮守の社へと向かう
二十三日に各地の社では今年の穀物を神に捧げる「新嘗祭」が行われる
温暖な房総でも冬に向けて寒さが少しずつ厳しくなる




 

■伝統の古典菊
秋季展示 9:30〜16:30 入苑料100円
佐倉市城内町117-5 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
菊は、日本を代表する園芸植物のひとつです。

■含富里 竹灯籠の夕べ
十一月 上旬 13:00-ミニマーケット 15:30-開会式 16:00-着火
富津市鶴岡 含富里地区
含富里(がんぶり)は三〇数戸の小さな集落、一日限りの「谷津田の灯り」を見る事が出来る。



■下総三山の七年祭り(大祭)※次期開催は平成三三年(二〇二一)/丑年・未年
十一月 丑年と未年に開催
船橋市三山 二宮神社
船橋市・千葉市・八千代市・習志野市の九神社の神輿が二宮神社境内に参拝に訪れる。

■大荒行入行会
十一月一日
市川市中山2-10-1 日蓮宗大本山 正中山 法華経寺
毎年十一月一日から二月一〇日までの寒壱百日間、全国から集まった僧侶による“大荒行”と呼ばれる寒中の厳しい修行が行われます。

■上総神楽(氏子太々祭)
十一月一日 18:00-
一宮町一宮3048 玉前神社
上総神楽保存会が口伝によりその技を継承し、春・秋の祭礼をはじめ年間七度奉納されています。

■大宮神社秋季大祭(五井新田祭囃子)
十一月一〜三日
市原市五井1597 大宮神社
三日は、市内において山車の奉曳や山車と祭囃子の競演が行われるほか、午後から神社の境内で神楽が奉納。

■坂戸の念仏 大十夜※次期開催は二〇四九年/三三年毎
十一月三日 9:00-15:00
佐倉市坂戸1090 西福寺/念仏塚(DIC川村記念美術館入口の杉林)
三三年に一度のお十夜を「大十夜(おおじゅうや)」と称し、念仏供養塚まで練り歩き、念仏供養塚のまわりで念仏踊りをします。

■黒虎相撲
十一月三日 9:00-12:30
旭市ニ1522 太田神社
《奉納相撲》 二〇〇年以上続く太田神社の奉納相撲。霜月朔日に境内の土俵で青少年の氏子力士が技を競う。

■八街神社大祭(八街秋祭り)
十一月 第一土曜日・翌日曜
八街市八街へ217 八街神社〜市役所
当日は七台の屋台が午前十時頃から午後九時ごろまで、JR八街駅周辺などを練り歩きます。

■大鳥神社 酉の市
十一月 酉の日
柏市旭町2-7-28 大鳥神社
商売繁盛・家内安全

■誕生寺の御会式(稚児行列)
十一月一二日 9:00-12:30 行列法要
鴨川市小湊183 誕生寺
万灯を先頭に妙蓮寺から誕生寺へ稚児行列・稚児音楽大法要・七五三詣り・清興など、当日は賑わう

■返田の獅子舞(羯鼓舞)
十一月一三日 9:00-準備 10:00-練習舞(鳥居前) 11:00-神事 11:20-奉納舞(20分) 11:45-神事 12:00-直会
香取市返田729 返田神社
三匹獅子舞の奉納。平成十四年の香取神宮式年神幸祭を機会に、毎年行われることになった。辺田神社例大祭

■左右大神 式年御神幸祭※次期開催は平成三九年(二〇二七)/未年・十二年毎
十一月 第二土曜日 10:00-祭典 13:00-渡御行列
東庄町舟戸 左右大神
御輿・錦旗・若殿・稚児等の行列、芸座・手踊りなどの芸能披露 / 東和田番所・桜井番所・八崎広場・山善倉庫前の4箇所

■芝山はにわ祭り
十一月 第二日曜日 9:00-16:30
芝山町芝山 殿塚・姫塚、芝山仁王尊、芝山公園
古墳時代と古代人に思いを馳せ、自然との共存や人々の助け合いなど、現代の人々が忘れている古代の素晴らしさを振り返る祭。

■殿部田のお囃子
十一月 第二日曜日
芝山町芝山 芝山はにわ祭
台風などの自然災害にあわぬよう五穀豊穣を祈願して、例年8月6日に地区の日月神社で行われる鎮風祭(風祭)で舞われます。

■白枡粉屋踊り
十一月 第二日曜日 10:45 / 14:00
芝山町芝山 芝山はにわ祭
白桝粉屋おどりは、踊り手、うた、おはやしの太鼓、金、四つ竹、笛で構成されています。

■牛尾の蛇まつり
十一月一五日 直前日曜日
多古町牛尾 潮神社 11:00-12:00 / 白幡神社 12:20-13:30
五穀豊穣を祈願し、氏子の担いだ長さ8mの大蛇が暴れながら鎮守をめざします。

■北之幸谷の獅子舞
十一月一五日
東金市北之幸谷1081 稲荷神社
紐解き児のいる家をまわり、悪魔を払う。

■秋の大法要お会式
十一月一七日 10:00-読経会 / 19:00-万灯行列
市川市中山2-10-1 中山法華経寺
全国から僧侶が集まる修行会。

■滑河観音ご縁日“木まち”護摩供稚児行列
十一月一八日 10:00-和讃衆と稚児行列・大護摩執行 11:00-和讃衆と稚児行列・大護摩執行
成田市滑川1196 龍正院(滑河観音)
『木まち』は観音様のご縁日に行われるお祭りです。この「木まち」にあわせて植木市が開かれます(植木市はその後も5日間くらい開催)。

■奏楽・猿田彦の舞
十一月二三日 10:00-神事(修祓・献餞) 10:45-猿田彦の舞(15分) 11:00-神事(撤餞) 11:30-直会
南房総市沓見253 莫越山神社
江戸時代中期頃から奉納された言われる奏楽・猿田彦の舞は七月九日の例祭と十一月二三日の新嘗祭に奉納される。

■新嘗祭
十一月二三日 10:30-11:30
香取市香取1697-1 香取神宮
二月の祈年祭に五穀豊穣を祈ったのに対して、新穀感謝の誠意を表すお祭りです。

■八幡神社・新穀感謝祭
十一月二三〜二四日 8:00-17:00 (旧新嘗祭)
南房総市千倉町北朝夷521 八幡神社
寺庭区民による屋台および祭囃子の披露(二三日)。また、植木、鉢花、農具、日用品、各種苗等の露天市を開催(二三〜二四日)。

■下根獅子舞・棒剣術
十一月二三日(勤労感謝の日) 10:00-13:30
野田市木間ヶ瀬5888 下根香取神社
三匹の獅子(太夫獅子・中獅子・女獅子)による獅子舞と十二種類の棒剣術の型が舞台で奉納される郷土芸能です。

■高家神社・新穀感謝祭
十一月二三日(旧新嘗祭) 11:00-新穀感謝祭 12:15-庖丁式奉納
南房総市千倉町南朝夷164 高家神社
古式ゆかしい包丁さばきの妙技を見ることができます。厳粛な儀式

■正木の幣入祭(獅子舞)
十一月二三日(勤労感謝の日) 12:30-集合 13:00-神前奉納舞(2回) 13:50-村廻奉納〜正木自治会館 20:00-終了
君津市正木 八雲神社
最初に八雲神社と浅間神社に奉納をして、その後正木地区内の家々の稲荷様を廻ります。

■登渡神社の秋季例祭 <登戸の神楽囃子>
十一月二三日(勤労感謝の日)
千葉市中央区登戸3-3-8 登渡神社
登戸囃子連は、祭儀に「天狐」の神楽を奉納。

■稲毛浅間神社の神楽(十二座神楽)
十一月二三日 13:00-16:00
千葉市稲毛区稲毛1-15-10 浅間稲荷神社
仮面を用い、日本神話に基づいて、黙劇風に筋を運ぶなど江戸神楽の伝統様式と特徴をよく受け継いでいます。毎年五回

■菅原大神の秋祭/子産石(子宝石)
十一月二五日 11:00-13:00
銚子市桜井町60 菅原大神
石を抱くことができるのは、毎年二月二五日の春の例祭と十一月二五日の秋の例秋祭に限られており、当日は多くの方々が参拝に訪れます。

■神狩祭(夜明かし祭)※新暦 2016.12.24-2017.01.02 / 一月二日 現在は社殿から二之鳥居まで
旧暦十一月二六日〜十二月五日 十日間 / 旧暦一二月五日 15:00-神輿清掃 20:00-22:00 夕刻から境内に篝火
南房総市白浜町滝口1728 下立松原神社
天富命らが当地には鹿が多く住民が困っていたので鹿狩りをしたという伝承があり、神事として神狩祭が行われる。

■洲宮神社御狩祭
十一月二七日 08:30-11:00 氏子参り,13:40-14:20 幣束神事
館山市洲宮921 洲宮神社
現在はイチノビに限り、神事がいとなまれるだけです。午前中に約五〇戸の氏子が三々五々、洲宮神社にお参りに行きます。

■おらんだ楽隊
十一月三〇日 16:00
佐原市 扇島地区 / 香取神宮
佐原の郷土芸能の一種で香取市扇島地区の農家の長男に伝承されています。

■大響祭
十一月三〇日 18:00-19:00
香取市香取1697 香取神宮
新穀に感謝する神事。篝火の中、大和舞を奉納。


■情報提供をお願いします
現在でも民俗行事を行っていると言う、地域情報をお持ちの方は掲示板などへご投稿願います。
ムラ(集落単位)で行われる行事は観光行事や社寺の祭事とは異なり、情報が一般には中々公開されません。
いつ頃(開催日時)、どこで行うか等の詳細な民俗行事の情報をお寄せ下さい。民俗行事は情報収集が難しいです…。
その他にも昔から行われている行事の情報があれば教えてください。




Since 2008/02/05
ALL RIGHTS RESERVED COPYRIGHTS (C) Web Design & Photographed by.房総の祭事記