房総の祭事記 〜千葉の郷土芸能と民俗行事〜 ホーム
・師走
年の暮れ寒さ厳しくなる頃
鎮守の神に感謝する祭事が行われる
旧山田町では「鮭」を、君津市では「獣肉(現在は鶏肉)」を神に捧げる
社寺では来年への準備が少しずつ進められる




 

■安食の酉市
十二月 上旬 8:00-19:00
印旛郡栄町安食3623 大鷲神社
関東で最も遅い酉の市で有名。大鷲神社を中心に町の風物詩として恒例の祭事。

■山倉の鮭祭り
十二月 第一日曜日 11:00-献上行列 13:00-なおらい<祝い歌・大根種> 16:00-神輿渡御<祝い歌・大根種>
香取市山倉2347-1 山倉大神
栗山川に遡上した鮭を献上する初卯祭。献上行列や神輿渡御など。

■本矢作伊勢神楽(獅子舞)
十二月 第一日曜日 14:00-天宮神社 15:00-天降神社 15:40-終了
香取市本矢作511 天宮神社・天降神社
江戸時代の中頃、本矢作区の天降神社、天宮神社が造営されたとき、この神楽が奉納されたと伝えられている。

■猪鹿切り祭(ししきりまち)
十二月五日 15:30-16:30 / 雨天決行
君津市清和市場266 諏訪神社
農作物を荒らすイノシシ・シカを狩猟し、その肉を神前に捧げたのが祭りのはじまりと伝えられています。

■団碁祭
十二月七日 18:00-19:00
香取市香取1697 香取神宮
新穀で団子をつくり五穀豊穣の感謝して奉納する。配られた団子を食べると風邪をひかないと伝わる。

■鏡忍寺の御会式(稚児行列)
十二月十一日 11:00-御法難読誦祈祷会 13:00-上人塚より稚児行列 14:00-稚児音楽大法要
鴨川市広場1413 小松原鏡忍寺
上人塚から境内までの女の子の稚児行列で、稚児一人一人が、経文を唱え年長者が“童子”と呼ばれるリーダー役になります。

■あらい祭り
十二月一四日 11:00-神の食 13:00-当番交代式・合戦・祭典 14:00-祭典終了 / 雨天決行
山武郡芝山町山田1605 大宮神社
一五六年間続く無病息災祈願の奇祭。当番家で「神の食」を食べ獅子舞が子孫繁栄を願う。

■飯縄寺 煤取り開帳
十二月一五日 10:00-護摩祈祷 12:00-稚児行列・護摩祈祷
いすみ市岬町和泉2933 飯縄寺
新年を迎える準備に合わせて行われる開帳には、参拝者が一年間お守りとして使用した「火防・盗賊除」の御札を持ち寄り、新しい御札に買い求める。

■桜田の大火
十二月 第二or第三 土曜日 17:30-延焼予防 / 18:30-19:30 / 20:30-大人解散
成田市桜田946 熊野権現神社
神域九十九ヶ所(現在は境内に二ヶ所)に火を焚いて無病息災を祈願する夜祭りです。「カッパ」の害から逃れるための神事。

■船橋大神宮の神楽/お酉様
十二月 二之酉 19:00-20:00
船橋市宮本5-2-1 船橋大神宮
船橋大神宮(意富比神社)の境内の神楽殿で演じられます。酉の市も開催しています(一の酉・二の酉)

■新市場神楽(獅子舞・鳥刺し)
十二月二三日 10:30-12:00
香取市新市場332 天宮神社
オビシャという祭りで、神社で獅子神楽と鳥刺し舞を行う。村廻りは廃絶。

■小田部の火防(村廻り三匹獅子)
十二月 天皇誕生日or最終日曜日 13:00-17:00
山武郡横芝光町小田部852 星宮神社
地域の子供達が猿や獅子のお面をかぶって悪魔を追い払い、「悪魔逃げろ」と叫びながら、約七〇軒を巡り歩く。天明三年(一七八三)から続く行事。

■宗吾霊堂 お焚き上げ
十二月二五日 09:55-10:10
成田市宗吾1-558 宗吾霊堂
本堂右側で納められた古いお札を読経の上、お焚き上げしています。

■成田山御本尊不動明王上陸聖地報恩法会
十二月二七日 11:00-11:20
山武郡横芝光町尾垂イ3856 不動明王御上陸之地
成田山開基一〇六〇年記念事業として、海上安全と万物共生を願い「浪切り不動尊像」を建立した。

■納め札お焚きあげ柴灯大護摩供
十二月二八日 10:20-12:00
成田市成田1 成田山新勝寺
僧侶と修法師の約二〇名によって「柴灯大護摩供」が大本堂前西側広場にて行われます。

■勝浦の朝市
年間 06:00-11:00 / 元旦・水曜は定休日
勝浦市浜勝浦 朝市通り
【日本三大朝市】 能登輪島(石川県輪島市)・飛騨高山(岐阜県高山市)・房州勝浦(千葉県勝浦市)

■夷隅の朝市
毎月 5・10・15・20・25・30 日 8:00-12:00
大多喜町新丁63-1 夷隅神社
昭和三〇年(一九五五)頃から続き、約三〇店舗が出店し即売が始まります。※現在は約六店舗ほど

■岩井神社・弓射ち
十二月三一日 14:00
南房総市高崎906 岩井神社
洗心館川崎弓道場で約一〇数人の弓道家が一〇八本の矢を射ます。

■千葉笑い
十二月三一日 14:00-16:00
千葉市中央区千葉寺町161 千葉寺
江戸時代、下総国千葉の千葉寺で毎年大晦日の晩に行われた行事。だれとも分からぬように顔をおおうなどして集まった人々が、代官や村役人たちの悪行・不正を非難して笑った。

■賀茂神社 大火祭
十二月三一日 19:00
南房総市加茂2070 賀茂神社
生木を積み上げて燃やし、心木の倒れた、方向でその年の吉方を占

■お焚き上げ
十二月三一日 23:00
長南町 長福寿寺
一年間の無病息災・商売繁盛を感謝するとともに、新年の繁栄を願う儀式です。

■大荒行成満僧の水行式
十二月三一日 23:45-除夜の鐘・水行
鴨川市清澄322-1 清澄寺
年始のご祈祷を行う僧が、その前に心身を清め魂を鍛える行事。


■情報提供をお願いします
現在でも民俗行事を行っていると言う、地域情報をお持ちの方は掲示板などへご投稿願います。
ムラ(集落単位)で行われる行事は観光行事や社寺の祭事とは異なり、情報が一般には中々公開されません。
いつ頃(開催日時)、どこで行うか等の詳細な民俗行事の情報をお寄せ下さい。民俗行事は情報収集が難しいです…。
その他にも昔から行われている行事の情報があれば教えてください。




Since 2008/02/05
ALL RIGHTS RESERVED COPYRIGHTS (C) Web Design & Photographed by.房総の祭事記