房総の祭事記 〜千葉の郷土芸能と民俗行事〜 ホーム
・葉月
暑い陽射しが照り付け体力が消耗する季節
酷暑の日中に雨乞いを願う羯鼓舞が七月に続き各地で行われる
横芝光町では菩薩が亡者を救う地獄劇である「広済寺の鬼来迎」が演じられる
また市原では「椎津のカラダミ」と呼ばれる葬儀祭りが行われる




 

■伝統の朝顔
夏季展示 9:30〜16:30 入苑料100円
佐倉市城内町117-5 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
当館では一九九九年以降、歴史資料としてこれらの朝顔を展示してきました。

■館山神社例大祭
八月一日 神輿 / 二日 山車・御船
館山市館山252 館山神社
神輿7基と山車4基、御船2基が館山神社を中心に繰り出されます。

■青柳の羯鼓舞
八月一日 8:00-青柳日枝神社 11:30-青柳区民館 15:00-新井海岸 19:00-館山神社 / 2日 17:25-里見の湯 18:15-田中ギフト付近
館山市南条 日枝神社
羯鼓舞の後に甚句、その後に神輿が区内を廻る。一日に十ヶ所以上も踊りを奉納する。

■柏崎の御船歌
八月一日 宵宮 / 二日 8:00-國司神社 9:00-宮城熊野神社 10:35-大賀御瀧神社 11:50-笠名神明神社 18:25-館山神社
館山市沼 國司神社
館山神社例大祭の時に「國司丸船歌」と「皇帝」が歌われる。

■新井の御船歌
八月一日 宵宮 / 二日 8:20-新井集会所 9:30-館山神社 10:50-さくらや旅館裏 18:45-館山神社 22:00-新井集会所
館山市新井 諏訪神社
御船山車曳き回しが行われ、お囃子(バカバヤシ)を演じた後、御船歌が演じられます。

■賀茂の八朔祭 〜三番叟と花踊り〜
八月一・二日 14:30(13:30)-支度所進発 15:00(14:00)-祭典 16:00(15:00)-芸能奉納 17:00(16:00)-終了 / ()は2日目の例大祭
南房総市加茂2070 賀茂神社
毎年同日に行われる八朔祭では、三番叟と花踊が奉納されます。

■田越浅間様 例大祭
八月三日 8:00-
山武市松尾町田越 田越浅間神社
特に初山は、新生児と連れて初めて上る浅間様に、健やかに成長するようにと数多くの参拝者があります。

■大戸見の神楽
八月 第一土曜日 9:00-13:00
君津市大戸見3328 稲荷神社
人が次第に成長していく過程が表現されているといわれています。二組が奉納します。

■浜荻の獅子巡遊神事
八月 第一土曜日 9:00-神事 10:30-宮出(天狗・獅子・神輿) 12:10-獅子お仮屋着 13:45-天狗宮入 18:00-夜祭(笹万燈) 23:30-神輿宮入
鴨川市浜萩1185 貴船神社
天狗十一人衆の後に獅子頭を持った子供達が区内を巡り歩く神事。恵車[2011×] 東町[2012金] 西町[2013黒] 仲町[2014黒]

■文違麦つき踊り(ふるさと文違納涼盆踊り大会)
八月 第一土曜日 18:30-21:30
八街市文違301 ジャスコ八街店第2駐車場
明治二〇年(一八八七)頃から先祖の供養と農民の楽しみを兼ねて盆休みに行われてきました。

■坂畑の神楽
八月 第一日曜日 8:00-山車巡幸 9:40-山車帰還 10:00-神社へ向かう 10:20-祭典 10:50-子供囃子奉納・神楽奉納 11:30-終了
君津市坂畑104 山神社
亀山の山村に伝わる神楽「前かがり・御幣の舞・鈴の舞・くるい」

■洲宮神社 御浜降神事
八月 第一日曜日 13:30-19:00
館山市洲宮921 洲宮神社
御浜降りは海辺に行くのではなく、明神山(明鏡山豊栄地)の旧鎮座地(洲の辺)へ向かう。

■金刀比羅神社 鎮風祭(十二座)
八月 第一日曜日 14:00-16:00
山武市松尾町八田50 金刀比羅神社
十二舞六曲の謡からなるもので、二一〇日の鎮風祭に行われ「農作業の安全・五穀豊穣・氏子の安全」を祈願して奉納されます。

■大山高蔵神社例大祭※年番神前奉納=釜沼(2018)・平塚(2019)・金束(2020)・奈良林(2021)
八月七日 直近土曜日 10:00-神輿 19:00-屋台
鴨川市平塚1718 高蔵神社・大山不動尊
宮立(釜沼・金束・奈良林・平塚・古畑・佐野)、大人神輿(金束・奈良林・平塚)、子供神輿(釜沼・古畑・佐野)が大山の中心地、大山不動尊の境内に集結します。

■折木沢神楽
八月七日 10:00-神輿・神楽入れ込み 11:00-例大祭式典 12:00-神楽奉納 12:40-奉納終了 12:50-直会・子供囃子
君津市滝原114 亀山神社
演目:山の段の舞・前掛の舞・御幣の舞・鈴の舞・狂の舞・十六の舞・祈平和

■竜岡の獅子神楽
八月九日 12:00-祭典 12:30-奉納舞 13:00-舞終了 8/10 9:00-奉納舞(龍岡神社) 13:30-奉納舞(安房神社)
館山市竜岡611 龍岡神社
伊勢神楽の流れをくむ古典芸能

■滑河観音 四万八千日
八月九日 夜祭り
成田市滑川1196 龍正院
延命・安産子育・災厄削除の守り本尊として親しまれており、龍正院境内はこの夜祭りの日にお参りする善男善女であふれます。

■安房神社例大祭(神戸地区)※三年毎の例大祭は次回:平成三〇年(二〇一八)
八月一〇日 10:00-11:30 祭典 | 12:30-14:00 神輿入祭 | 13:45-14:15 各社お払い | 16:00-17:15 神輿還御 / 前日 14:30-子供神輿
館山市大神宮589 安房神社
安房国一宮の祭は、近隣も合せて神輿六基・屋台二台が繰り出す。竜岡神楽奉納。

■藤原神社獅子神楽
八月一〇日 15:00-子供囃子 15:40-獅子神楽 16:00-菓子撒き・終了
館山市藤原905 藤原神社
序の舞、御幣の舞、鈴の舞、終楽狂の舞の四つを基本とし、笛・太鼓・ツケ・擦鐘・法螺貝のお囃子と歌に合わせて舞が行われます。

■清和のトオカマイリ
八月一〇日
君津市怒田沢 観音堂 / 大岩 観音堂
年新盆を迎える家ではお地蔵様にお札を貼ってまわります。これを、トオカマイリといいます。

■笹の神楽
八月十一日 9:30-安全祈願 10:00-中央から山神社へ屋台巡行・到着後式典 11:00-神楽奉納
君津市笹 山神社
東京湾岸の君津では漁村から山村まで神楽獅子舞が今も残っている。いれこみ、山、前がり、おんべ、すず、くるい、なかの舞、十六の舞、しめの

■大室の盆綱づくり
八月 お盆前の日曜日
柏市大室 大室青年館前 / 現在:吉祥院でお盆前の日曜日に綱を作って、一五日まで綱が飾られるだけ。
送り盆の夜、人々が仮設舞台の演芸大会や沢山の夜店に足を止め、盆綱引きが始まるのを待っていた。

■上勝田の盆綱
八月一三日 夕方
佐倉市上勝田
夕方、白パンツ・鉢巻き姿の少年達が綱を抱えて墓地へ行き、仏様を乗せ村の各戸を廻り家々に送りとどけます。

■片子の盆綱
八月一四日
匝瑳市片子 妙印寺
各家から藁束を持ち寄り、太さ二〇cm、長さ二〇mの大綱を綯い上げ、境内の二本の大樹に両端を縛りつける。

■庄八節 盆踊り
八月 中旬の土日
匝瑳市野手西宿
囃子連が輪の中心に入り、地区で盆踊りが催される。盆踊り曲では、権左が西国・東上総・庄八・大漁節・松飾りなどです。

■小湊盆角力大会
八月一四日 19:00-子供の部 / 15日 19:00-子供の部 21:00-大人の部
鴨川市 小湊漁港広場 特設土俵
《奉納相撲》 江戸時代から続けられている伝統の草相撲

■八日市場の盆踊り
八月一四日 19:30-21:30
匝瑳市八日市場 米倉コミュニティセンター / 砂原コミュニティセンター
「権左が西国」・「庄八節」・「東上総」を演じ踊る。東総地方で盛んに行われていた極めて素朴な盆踊り、今は八日市場に残るのみ。

■平山の神楽
八月一五日 9:00-自治会館 9:10-幟旗・神楽宮・子供神輿入込 10:00-式典 10:40-神楽奉納 11:15-奉納終了 15:00-子供神輿練歩き 18:30-夜店・盆踊り 20:30-うちわ抽選会 21:15-花火
君津市平山823 大原神社
神楽を奉納し国家安泰・五穀豊穣・武運長久(太平洋戦争後は交通安全)・無病息災の祈願を絶やすことなく今に伝えている。

■椎津のカラダミ(空荼毘)
八月一五日 団子もらい 7:00-21:00 / 18:00-瑞安寺 / 19:00-万燈行列(ゆっくり進む) / 20:20-カラダミ行列(姉崎小・早足で進む)
市原市椎津 瑞安寺 → 八坂神社 → 姉崎小 … 来た道を戻る
夕方、新盆の家々から集めた造花、提灯などで飾り立て、位牌をのせた万灯を曳き、笛の音で賑やかに囃しながら練り歩きます。

■佐久間十王堂の祭り
八月一五日
安房郡鋸南町中佐久間
午前中は神輿が区内を練り歩き、夕方からは上、中、下、谷、塚原、赤伏、中尾原の7地区の屋台が出祭した。

■奉納相撲
八月一五日 観世音菩薩縁日 / 一六日 奉納相撲
香取市八筋川 宝蔵寺観音堂
《奉納相撲》 相撲に先立って力士達が行列を作り、チャキ(拍子木)を打ち、ほら貝を吹きながら境内に乗り込んで、観音堂を回る。

■鹿野山の人形焼 《虫送点火篇》※二〇一六年から八月十五日に変更した可能性
八月一五日 19:00-盆踊り 20:00-人形焼き 20:30-盆踊り 21:00-終了 / 一六日 19:00-盆踊り・福引券・さんちょこ節 21:00-終了
君津市鹿野山 神野寺駐車場 / ワラ人形制作は7月 最終日曜日
《民俗行事》 村に流行病や悪霊が入るのを防いで豊作を祈願する、わら人形が倒れた方向にある大根が豊作になると伝えられています。

■大坂の神楽
八月一六日 10:00-祭典 10:30-奉納舞 11:15-直会
君津市大坂638 浅間神社(岩田寺境内)
獅子舞は「布・幣・鈴・狂い」と行われる。

■篠籠田の三匹獅子舞※注意!塩が飛んできます!
八月一六日 11:00-11:45 / 15:00-16:30
柏市篠籠田1214 西光院
篠籠田の獅子舞は、龍神をかたどる「龍頭の獅子」です。祖先の霊をなぐさめ、五穀豊穣と家内安全を祈願します。

■広済寺の鬼来迎
八月一六日 15:00-17:00
横芝光町虫生483 広済寺
鬼来迎は、鎌倉初期にはじめられたもので、全国で唯一の古典的地獄劇です。

■六軒相撲
八月 第三土曜日 8:20-受け付け開始 9:00-開会式 9:30-競技開始 13:25-閉会式
印西市大森4336 水神社(厳島神社)
《奉納相撲》 昭和41年まで行われていましたがその後中断し、平成7年に第24代横綱・鳳関を偲んで復活されました。

■矢那の神楽(高倉熊野神社夏季例大祭)
八月 第三or第四 土曜日 13:00-高倉集会所発 14:15-高倉熊野神社 14:50-高倉観音 15:00-高蔵寺庫裡前 16:00-集会所着 19:00-地域芸能大会 21:30-終了
木更津市矢那1243 高倉熊野神社 / 矢那1558 高倉集会場
神楽奉納は「熊野神社・高倉観音・高蔵寺庫裡前」と夜間に行われる、地域「芸能大会」の四ヵ所である。

■八日市場の盆踊り
八月 第三土曜日 19:00-21:30
匝瑳市八日市場イ 市立公民館 南側駐車場
「権左が西国」・「庄八節」・「東上総」を演じ踊る。東総地方で盛んに行われていた極めて素朴な盆踊り、今は八日市場に残るのみ。

■洲崎神社例大祭(洲崎のミノコオドリ)
八月二〇〜二二日 20/16:00(宵祭:普段着) , 21/14:00-16:30(本祭:衣装) , 22/15:00(後祭:普段着)
館山市洲崎1697 洲崎神社
特に例大祭となる二一日は15:00頃に神社境内から海岸へ渡御し、地域の豊漁を祈願します。二一日に限り、子供達は衣装を着て踊ります。

■天津神明宮 式年鳥居木曳祭 → ※次期開催は二〇三五年/二〇年毎
二〇一五年八月二二〜二四日
鴨川市天津2954 天津神明宮
鳥居建替に使用する鳥居木を、三日間にわたって町内を曳き回す。

■萬灯練行列
八月二二日 19:00-諏訪神社前・出発 20:30-成顕寺境内
流山市駒木224 成顕寺 / 諏訪神社前
関東一円より多くの信者を集め夕刻より、各寺の萬灯講中による萬灯供養が数多く行われます。

■別所の獅子舞(羯鼓舞)
八月二三日 16:00-17:00 宝泉院 / 24日 16:00-17:00 地蔵寺
印西市別所1005 地蔵寺
約800年程前、獅子頭をかぶり囃しをつけて村内を巡り歩いて悪疫退散を祈願

■大袋朝角力(施餓鬼相撲)
八月二四日 直近日曜日 6:00-太鼓 6:30-集合 / 7:00-9:00 奉納相撲
成田市大袋421 大経寺/五社神社(別名 県神社)
《奉納相撲》 土俵の角に篠竹を立て、麻紐と扇子二本、手ぬぐいをさげるが、相撲が終わった後、麻紐は出産を控えた家に分ける。

■鹿嶋神社奉納相撲
八月二四日
山武郡芝山町菱田 鹿嶋神社
《奉納相撲》 地元では、子供たちが菱田地区をふるさととして大切に考えてくれるようにという願いを込めて、毎年実施される。

■おしゃらく踊り
八月 第四土曜日 10:00-17:00 / 荒天時は翌日
鎌ヶ谷市 貝柄山公園 市民夏祭り
中央ステージ=舞台発表、もちなげ、郷土芸能「おしゃらく踊り」、きらり鎌ケ谷体操、さるの演芸

■清和市場の鎮守舞(幟旗・獅子神楽)
八月 第四日曜日の前日土曜日 15:00-上社・下社・妙喜寺・本田寺・八幡神社の麓 17:30-終了 20:00-ボンデン太鼓 04:00-終了
君津市清和市場 諏訪神社
清和市場の弥栄(いやさか)・五穀豊穣を願う神事。

■御近様の大祭/諏訪神社例大祭(幟旗・一本柱人形花車・大人神輿・子供神輿・獅子神楽)
八月 第四日曜日 9:30-14:00
君津市清和市場266 諏訪神社
小糸地区も含む郷社の為、戦前の祭りは盛況を極めたとのこと。

■家之子の獅子舞
八月 最終日曜日 8:30-コミュニティ会館発 8:50-神前奉納 9:00-村廻り
東金市家之子 山王神社
江戸中期の元文年間に始まったと言われる「山王宮神楽」は、農村に伝わる無病息災と五穀豊穣を祈願して舞う伝統のある獅子舞です。

■中台梯子獅子舞(風祭り)
八月 最終日曜日 11:00-開始 12:30-玉じゃれ 15:00-梯子獅子 15:30-終了
山武郡横芝光町中台1211 大宮神社
毎年二一〇日の風祭りに境内で豊作祈願・害虫予防の獅子舞が奉納されます。七間半(13.5m)もの大梯子の上で勇壮に舞われます。

■久能獅子舞(羯鼓舞)
八月 最終日曜日 13:00-境内清掃 14:30-式典 15:00-奉納舞 15:30-終了 15:40-三本締め
富里市久能553-1 駒形神社
約三〇〇年前から行われていると言い伝えられており、富里市に現存する郷土芸能の中で最も古いものといえます。


■情報提供をお願いします
現在でも民俗行事を行っていると言う、地域情報をお持ちの方は掲示板などへご投稿願います。
ムラ(集落単位)で行われる行事は観光行事や社寺の祭事とは異なり、情報が一般には中々公開されません。
いつ頃(開催日時)、どこで行うか等の詳細な民俗行事の情報をお寄せ下さい。民俗行事は情報収集が難しいです…。
その他にも昔から行われている行事の情報があれば教えてください。




Since 2008/02/05
ALL RIGHTS RESERVED COPYRIGHTS (C) Web Design & Photographed by.房総の祭事記